About Club | 能登カントリークラブ

since 1968

能登カントリークラブは、能登半島の入口である羽昨郡押水町のシーサイドエリアに、1968年10月、安田幸吉氏の設計・監修による、本格的18ホール(7,000ヤード)のゴルフコースとして誕生しました。その後、1971年10月、9ホール(3,450ヤード)を増設し、27ホールのチャンピオンコースとして完成しました。高低差が少なく戦略性の高いコースは、初心者からプロ競技まで対応できます。東に宝達山を眺み、西に日本海の潮騒が聞かれ、各ホールは黒松やアカシアの樹林でセパレートされ、ティーインググラウンドは広くのびのびプレーできます。

当時のコース空撮

開発当初のクラブハウス01 開発当初のクラブハウス02

上:当時のコース空撮/下:開業当初のクラブハウス

数々のトーナメントと共に

ダンロップトーナメントや三菱ギャラントーナメントをはじめとする、数々のメジャートーナメントと共にその歴史を刻んできた能登カントリークラブ。日本ゴルフ界の歴史を作った選手たちが挑戦した、歴戦の息吹きを感させる戦略性の高いコースは、現在でも多くのプレーヤーを魅了する名門カントリークラブです。

トーナメント

1977年三菱ギャラントーナメント第1回大会の様子

トーナメント トーナメント

1972年第2回さわやかカップ、ゴルフトーナメントでの尾崎将司選手と青木功選手

  • ポスター
  • ポスター
  • ポスター
  • ポスター

当時のリーフレット

1972年6月 日豪対抗競技
1972年8月 第2回さわやかカップ、ゴルフトーナメント
1974年6月 北陸アマゴルフ 翌年以降、北陸マスターズに改称、毎年開催
1975年5月 ʼ75ダンロップトーナメント
1976年5月 ʼ76ダンロップトーナメント
1977年6月 ʼ77第1回三菱ギャラントーナメント
1980年5月 ʼ80中部アマチュア選手権
1984年5月 ʼ84第8回三菱ギャラントーナメント
1990年8月 中部オープン
1991年5月 第15回三菱ギャラントーナメント
2004年6月 ʼ04中部アマチュア選手権
2012年10月 中部インタークラブゴルフ競技本戦
名称 能登カントリークラブ
所在地 929-1393 石川県羽咋郡宝達志水町米出ワの1
連絡先 ・TEL:0767-28-3155
・FAX:0767-28-5141
・Mail:info@notocc.com
経営会社 能登興業開発株式会社
開場日 1968年10月
設計者 安田 幸吉
加盟協会 IGA 石川県ゴルフ協会
CGA 中部ゴルフ連盟
JGA 公益財団法人 日本ゴルフ協会